Home > 動画 | その他ゲーム > マイクロキャビンのお話し

マイクロキャビンのお話し

Twitterでちょっと話題になっていたので当時を思い出しつつ書いてみます。


マイクロキャビンと言えば、PC-8801等の8ビットパソコン時代からの古いソフトハウスですが、当初はアドベンチャーゲームがメインで(めぞん一刻、うる星やつら、きまぐれオレンジ☆ロード等)、どちらかと言えば評判はいまいちだったと記憶しています。
それを一躍トップメーカーに引き上げたのがXak(サーク)というアクションRPGです。

当時アクションRPGの最高峰と評されていたイースをライバルとして制作され、キャラクターデザイン、グラフィック、音楽、フィールドと街や城を同一マップに展開して2Dでありながら3Dのような表現を可能としたVRシステム等、当時としては画期的な作品として衝撃を与えました。

自分は元々週刊少年サンデーに掲載されていたPC-8801版めぞん一刻の広告を見て(サンデー自体らんま1/2目当てだった全力で高橋留美子(るーみっく)ファンでした)、ほとんど親を騙す感じでパソコンを買ってもらったのですが、当然最初に買ったゲームはめぞん一刻。
好きな漫画(アニメ)のゲームをプレイできるというだけで最高に楽しかったのですが(ファミコン等と比べたら高画質・高音質でしたし)、他のゲームをプレイしていくとこれもしかしてショボイんじゃね?と思いかけていたところにXak登場ですから二重の衝撃だったわけですよ。

で、マイクロキャビンと言えば機種毎にキャラクターデザインや曲を変えることで有名。
Xakも然りで、PC-8801とMSX版ではオープニングのイントロは同じなのにAメロからは全く別の曲になり、当時それぞれのファンがどっちがいいと言い争っていました。

比較のために動画を貼っておきましょう。


PC-8801版



MSX版



OPM+ADPCMがうらやましかったX68000版



音楽と言えば、OPN(FM3音+PSG3音)ながら分厚い音を出していて、やはり音楽面でも評価されていたイース(古代祐三氏の代表作の1つですね)に全力勝負を挑んでいました。
初代Xakの時はまだそうでもないですが、2になると曲調も相まって本当に衝撃を受けました。

PC-9801版OP



P.S.
グラフィックもサウンドも良かったX68000ですが、一番うらやましいと思ったのはめぞん一刻で響子さんが喋ったことです。今でこそ当たり前ですけど、当時は衝撃を通り越してなんでX68000買わなかったんだ・・・と泣きそうになりましたからw


コンテンツ
Information
「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray同梱5枚組 (初回生産限定)(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)
[君の名は。コレクターズ・エディション]

【Amazon.co.jp限定】劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(メーカー特典:「原作イラストレーターabec描き下ろし キャンバスイラストカード」付)(オリジナル特典:「描き下ろしイラストB1布ポスター(アスナ)」「描き下ろしイラストブックカバー(アスナ)」付)(完全生産限定版) [Blu-ray]
[劇場版 ソードアート・オンライン]

【Amazon.co.jp限定】「劇場版トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女-」(描き下ろしA3ポスター付)(メーカー特典:劇場告知B2告知ポスター付) [Blu-ray]
[劇場版トリニティセブン]

Newニンテンドー2DS LL ブラック×ターコイズ
[Newニンテンドー2DS LL]

この素晴らしい世界に祝福を! 2第1巻限定版 [Blu-ray]
[この素晴らしい世界に祝福を!2 第1巻]

きんいろモザイク Pretty Days( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]
[きんいろモザイク Pretty Days]

【Amazon.co.jp限定】未確認で進行形 Blu-ray BOX(B2布ポスター付き)
[Amazon限定 未確認で進行形BD-BOX]

RSS Reader
検索
Feeds